お知らせ
男性患者を見ている医者

ジスロマックは、多様な感染症に効果がある医薬品で、成分はアジスロマイシンです。
錠剤タイプのものや、ドライシロップタイプのものなどがあります。
ジスロマックは、感染症をもたらすさまざまな細菌類を適応菌種としており、一例を挙げるとすれば、ブドウ球菌、肺炎球菌、淋菌、インフルエンザ菌、レジオネラ、クラミジア、マイコプラズマなどといったものがあります。
マイコプラズマのようなものは、正確にいえば細菌とウイルスの中間に位置するような、特殊な微生物ではあります。
他の菌種と同じように効果を発揮することがわかっているため、かわいたせきが長期間にわたって続くのが特徴のマイコプラズマ肺炎にかかった場合などにも、比較的多く処方されます。
また、適応菌種をみるとあきらかなように、扁桃炎、歯周炎、肺炎、急性気管支炎、一部の淋病などといった、幅広い病気に対応しています。

もともと持病があったりして他の医薬品を服用している場合には、飲み合わせにもいちおうは注意しておいたほうがよいでしょう。
ジスロマックのような抗生物質はマクロライドとよばれている種類に属しており、ペニシリン系の抗生物質などにくらべると、アレルギーを生じるリスクは少ないものです。
アレルギー体質で他の医薬品を併用している場合などには、やはり医師にそのことを申告しておく必要があるといえます。
また、胃酸を抑制するはたらきのある胃腸薬と併用すると、その効き目が悪くなってしまいおそれがあります。
反対に血液が固まらないようにする抗血栓薬などと併用した場合には、その効果を必要以上に高めてしまうおそれがあり、抗血栓薬ではケガをしたときに血液が止まらなくなるおそれも出てきます。
同様に注意が必要となってきます。

記事一覧
病原体

マクロライド系抗生物質で細菌による幅広い感染症に効果を発揮するジスロマックは、性器クラミジアや淋病の...

ウィルス

昔は死の病とも恐れられた性感染症といえば梅毒ですが、今はペニシリンのような抗生物質で治せるので、それ...

患者と話している医者

ジスロマックの大きな特徴として、一回服用するだけでもその効果というのは非常に長く一週間程度持続します...

考える男性

ジスロマックは性病の一種であるクラミジアに対してよく処方される薬です。 1000mgを服用すれば症状...